日誌 (過去の日誌はスクールライフでお確かめください)

学校生活の様子

進路体験発表会

2月14日(水)6校時
 
 3年生進学者6名、就職者5名、11名の進路体験の発表を聞きました。
 進路実現を果たした3年生の発表を聞くことで、1・2年生の進路意識を高揚させるとともに、具体的な体験談を今後の進路活動に役立てるため、進路発表会を実施しました。
 3年生の代表者はそれぞれが進路実現に向けてどのように学校生活を送ってきたかや、どのような勉強をしてきたのかどういった準備が必要なのかなど具体的な体験談を交え、これから進路活動をしていく上での後輩へのアドバイスと声援を送っていました。
 1・2年生は先輩の話を熱心に聞き、メモを取るなどしていました。
 また、PTA3名の方も来校いただき、発表を聞いていただきました。ありがとうございました。
  

 発表者の進路先は下記のとおりです。
<国公立大学>
 (学校推薦型選抜・公募) 福島大学 
<私立大学>
(学校推薦型選抜・指定校) 東北学院大学   日大工学部 
(総合型選抜)       国際医療福祉大学
<専門学校>
(学校推薦型選抜・公募)  太田看護専門学校
<民間企業>
 (県 内) 東邦銀行     トヨタモビリティパーツ 
 (県 外) 東日本旅客鉄道  アイリスオーヤマ
 (公務員) 福島県職員 

更新情報
部活動
お知らせ
事務室より
お知らせ

<郡商創立百周年記念式典>
 期日:令和3年12月3日(金)

 会場:福島県立郡山商業高等学校 第一体育館




  オープニングセレモニー

  ・100年を振り返る
     オープニング動画
  ・記念祝賀演奏 管弦楽団
   式典次第
  校旗入場
  1 開式のことば
  2 国歌斉唱
  3 黙祷
  4 校長式辞
  5 創立百周年記念事
        実行委員長あいさつ
  6 来賓紹介並びに祝電披露
  7 感謝状・表彰状贈呈
  8 受賞者代表あいさつ
  9 生徒代表のことば
  10 青春歌演奏
  11 校歌斉唱
  12 閉式のことば  


  

 

 福島県立郡山商業高等学校長 吉井 秀樹 

 本校は、明治期に創設された商業人養成機関「青年夜学会」を源流とし、大正9年4月「郡山実業補習学校」として開校しました。幾多の変遷を経て、昭和22年「福島県立郡山商業高等学校」の名称となり、令和2年に創立100周年を迎えました。。
 百年の間には、戦争による商業の学びの停止、大震災・原発災害・コロナ禍による学びの制限等、幾多の苦難がありましたが、一貫して校訓「自治・勤労・感謝」を実践し、明るく逞しく勤勉に、商業の学びを通して地域に貢献し、経済社会を担う若人の育成に力を注いでまいりました。
 現在は、「流通経済科」「会計科」「情報処理科」の3学科を擁し、資格取得や部活動で成果を上げ、有為な人材を多数輩出しております。学術・スポーツ・文化・芸術の盛んな薫り高い校風は、郡商の大きな特徴です。
 本日、ここに、創立100周年の記念式典を挙行できますことは、2万3000名を超える卒業生の皆さまをはじめ、本校に縁のある多くの方々のご支援の賜であり、心より感謝申し上げます。
 今後も教職員一丸となり、心身ともに健やかで自立した人間の育成に努めてまいりますので、益々のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。    
 

令和3年12月3日