活動の様子

活動の様子

写真部撮影報告(スケート部 梅の古木)

◆他のページにも紹介されていますが、スケート部が大活躍しています。
 郡商の区画フェンスにもその活躍と成績が掲示されています。
顧問の黒澤先生によれば、全国のトップは北海道や長野など、リンクの設備が整った先進地の高校生ということです。
試合の結果を見ても、全国中学大会で上位入賞を果たしていた選手がほとんどとのこと。
しかし、今回帯広開催の第7回全国高等学校選抜スピードスケート競技会で2年生の木田さんが注目を集めたのです。
女子1000mで7位、1500mで8位入賞です。

黒澤先生からお聞きしました…
 この時、「木田さんってどこの選手だ?」と関係者の中で話題になったそうです。
 多くが中学からのトップ選手、そこに彗星のように木田さんが現れたからです。

さらに黒澤先生によれば…木田さんは次のように話しているとのことです。
 「全国を相手に対等に戦える手応えを感じています。さらに向上したいです。」

木田さん、そしてスケート部の皆さんのさらなるご活躍を、写真部は祈っています。

◆昨年スケート部の夏の練習を撮影させていただきました。
 大勢でおしかけましたが、顧問の黒澤先生、部員の皆さんに快く迎えていただきました。
 蒸し暑い体育館、じっとしていても汗が流れる中で、バイクとウエイトの激しいトレーニングが続きます。
 あの夏のトレーニングが今回の好成績につながっている、そんな風に感じています。
◆心拍数、運動量など細かくチェックしながらバイクのトレーニングが続きます。

◆バイクトレーニング後、しばらく一人で立ち上がれない、それほど過酷です。

◆しかし、すぐにウエイトトレーニング開始です。これを何度も繰り返すのです。本当に厳しい練習でした。



◆正門にある梅の古木です。卒業生を見守るようにひっそりと咲いていました。
◆卒業式(3月3日)
 3月1日、式に参加できなかった先輩に、本日3日、校長室で卒業証書が授与されるということです。
 1日に使用した立て看板が再度準備されていました。おめでとうございます。  写真部 副部長 ましこ

写真部撮影報告(卒業式を支える)

03月01日(水) 卒業式

 晴れの日を支える人々の様子を撮影しました。 

◆保護者受付の1,2年生  
◆来賓受付の1,2年生 笑顔がいっぱいです。

◆駐車誘導・警備の先生方
 ※保護者の方が撮影に協力してくださいました。 
◆式中のBGMはシンフォニーです。
 郡商が世界に誇れる管弦楽部です。
 現在音合わせ真っ最中です。
◆生徒会執行部が企画し、3年生に対し、
 1,2年生が自由にメッセージをかけるボードです。
 ボードの前で記念撮影する卒業生もいました。
 生徒会執行部の皆さん、よかったですね。
◆3年ぶりに良いお天気の卒業式でした。
  今回卒業式を陰で支える人々(ほんの一部ですが)を
  紹介させていただきました。
  みなさま、お疲れ様でした。

写真部撮影報告(表彰式の様子)

02月28日(火) 卒業式前日、先輩方の3年間の努力の成果が表彰されました。
今回初めてその様子を撮影させていただきました。
一生懸命シャッターを切りましたが、立ち位置や光の関係でうまく撮影できませんでしたが、一部紹介させていただきます。
 呼名されて、元気に返事、誇らしげに起立する先輩方です。その様子はとても頼もしいものでした。
 小林校長先生から各種団体からの表彰を伝達していただきました。さらに郡商同窓会からも栄誉をたたえていただきました。

 ※今回撮影した写真部員の声
  よりよい撮影ができるように、撮影位置などを工夫すること、そして何より、「恥ずかしい」などといっている
  場合じゃないんだと改めて思いました。 
  先輩方は堂々としていたとてもかっこよかった。 部長 わたなべ 副部長 ましこ  やましろ

第7回全国高等学校選抜スピードスケート競技会

第7回全国高等学校選抜スピードスケート競技会

場 所 北海道帯広市 北海道明治十勝オーバル
日 時 平成29年2月10日(金)~12日(日)

女子選手 
       500m  秋山 光希 23位  43.518
           増子 楓佳 29位  46.358

      1000m  木田 綾音  7位 1.24.13
           秋山 光希  25位 1.27.58
           黒澤 萌恵 40位 1.33.15
           増子 楓佳 42位 1.34.45

      1500m  木田 綾音  8位 2.08.24
                      黒澤 萌恵 34位 2.20.52

2017全日本ジュニア室内陸上競技大阪大会


2月4・5日に大阪府で行われた2017全日本ジュニア室内陸上競技大阪大会に参加してまいりました。



【結果】

予選 60M  7.14  関根 響




残念ながら予選通過はなりませんでしたが、初めての全国大会でとても貴重な経験をさせていただくことができました。
今大会をもちまして、今年度のレースは最後になります。
来シーズンも多くの選手が全国大会に出場できるよう部員一同頑張っていきます。
たくさんの応援ありがとうございました。

第27回東北高等学校男女新人バスケットボール選手権大会


平成29年2月3日(金)から2月5日(日)にかけて第27回東北高等学校男女新人バスケットボール選手権大会が福島県営あづま総合体育館をメイン会場に行われました。新チームとして迎えた初めての東北大会でしたが、最後の決勝戦では残念ながら努力が報われず、第2位という結果で終わってしまいました。
今回の大会で今年度は終わりとなりますが、来年度に向けて様々な課題や目標ができた大会となりました。まもなく新入生を迎えることとなりますが、また新たなメンバーで次の大会に向けて精進していきたいと思います。応援ありがとうございました。
      リーグ 郡山商業 77-41 明成(宮城県)
    リーグ 郡山商業 93-39 山形中央(山形県)
    準決勝 郡山商業 81-49 一関学院(岩手県)
    決勝  郡山商業 65-76 聖和(宮城県)

第35回福島県高等学校総合文化祭写真展入賞

平成28年12月1日~4日開催の福島県高校総文祭写真展において、
阿久津ひかりさん(1年生)の作品が入賞しました。
審査員のハービー山口さん(写真家)から芸術性を高く評価されました。

ながの銀嶺国体 スケート競技会

◆第72回国民体育大会スケート・アイスホッケー競技会  ながの銀嶺国体

少年女子   500        第8位 木田 綾音

       3000        第6位 秋山 光希

       2000mリレー 第6位 
              秋山 光希・黒澤 萌恵・増子 楓佳・木田 綾音 

                             2分49秒99  県新記録

福島県合唱連盟創立70周年記念事業


 128()、郡山市民文化センターに於いて、福島県合唱連盟創立70周年記念事業の記念演奏会で演奏をしてきました。作詞和合亮一・作曲信長貴富の「夜明けから日暮れまで」「楽譜を開けば野原に風が吹く」などを演奏しました。ステージだけでなく客席にもにいる各支部代表の小学校から大人までの大合唱団と共に演奏する貴重な機会を頂きました。

第66回全国高等学校スケート競技選手権大会

第66回全国高等学校スケート競技選手権大会
 期日 平成29年1月17日~23日
 場所 栃木県日光市 霧降高原スケート場

   木田綾音  500m 19位 1000m   8位(福島県女子初入賞)
   増子楓佳  500m 47位 1000m 50位
   秋山光希 1500m 18位 3000m 22位
   黒澤萌恵 1500m 41位 3000m 36位
   2000mリレー 失格
   チームパシュート(木田、増子、秋山) 12位
   女子学校対抗 16位